性器に膿が出たら性病を疑おう!淋菌の治療方法

性器に膿が出た場合は、性病に感染していることがあります。性器に膿が出る症状のある性病には淋菌があります。淋菌に感染すると数時間から数日で発症し、性器だけでなく、喉や眼、直腸などに感染することがあります。性行為などで感染する淋菌は感染率も高いため、自分が感染すると他の人に感染させてしまうことがあります。そのため、できるだけ早い治療が必要となります。
男性の場合は、尿道に感染することが多く、膿がでたり、排尿時に痛みを感じることがあります。治療せずに放置していると痛みが治まることもありますが、体内に菌が残っているため、生殖器の炎症を起こしてしまい、結果として無精子症になることもあります。女性の場合は、おりものの増加や悪臭などの変化がありますが、自覚症状がない場合が多いです。妊娠中に感染した場合、出産時に赤ちゃんも感染することになります。
性病である淋菌の治療方法は、抗生物質を服用します。治療期間には、個人差がありますが、数日から2週間程度かかります。症状があらわれなくなっても淋菌が完全になくなっていない状態で薬の服用をやめると再び症状があらわれることがあります。一般的には、抗生物質の飲み薬を1週間分使用し、1週間後に再度病院を受信します。症状や経過などを総合的に判断し、必要があれば薬をさらに1週間使用することになります。治りが悪い場合には、点滴や筋肉注射を使用することもあります。
最近では、薬に耐性を持っているタイプの菌もあるため、医師が完治したと判断するまでは薬の服用を行うようにします。特定のパートナーがいる場合には、感染を繰り返さないためにもパートナーと一緒に検査・治療を受けるようにします。