唇に赤い斑点が出る性病とは?

性病というのは、性行為によってその相手から感染する病気を全般的に指すことばで、通常であれば、性器の粘膜のような、皮膚のなかでも特に弱い部分から、病気をもたらすような細菌や真菌、ウイルスが体内に侵入するものです。そのため、一般的にいえば、性病の場合は性器周辺に痛み、かゆみ、発疹などといった異変があらわれやすいものですが、かならずしもそれだけとはいいきれない面があります。
最近では性的な嗜好も多様化していることから、オーラルの性行為というものも幅広く行われていますので、口の中の粘膜のような場所に、こうした細菌などが感染してしまうこともあるのです。この場合、喉、鼻、口内の壁の部分、唇といった部分に病変が起こりやすいといえます。
たとえば、唇に白い斑点や赤い斑点が出て、それが痛みやかゆみをともなったりする場合には、口唇ヘルペスをうたがったほうがよいでしょう。口唇ヘルペスという病気そのものは、実は不衛生にしていると子どもでもかかるような病気ですが、性病としての感染とはウイルスのタイプが微妙に違っています。また、症状だけでは接触性皮膚炎などのまぎらわしい病気もありますので、斑点の部分から膿を採取するなどして、よく検査をした上で病名を確定する必要が出てきます。
こうして口唇ヘルペスであることがあきらかとなった場合、抗ヘルペスウイルス剤とよばれる薬剤を投与して、ウイルスがこれ以上体内で増殖してしまうのを防ぐことで、やがて症状が軽くなって、もとの健康な状態にもどります。ただし、ヘルペスという病気は再発もしやすいのが特徴ですので、その後もかぜやストレスなどで体調をくずさないように気をつけなければなりません。